良し悪しを把握する|ここ最近人気の高い睡眠薬として、ルネスタがとても有名です

良し悪しを把握する

白い錠剤

ルネスタという睡眠薬を使うメリットと、デメリットに関する話をしたいと思います。

まずルネスタという睡眠薬の主なメリットは、なんといっても「即効性」にあります。
他の睡眠薬だとジワジワ長時間かけて効き目が起こったりしますが、ルネスタだったらすぐに大きな効果が得られるようになります。
実際にルネスタを飲み始めてその日からさっそく熟睡できるようになるので、早く寝付きたい人にとっては間違いなくおすすめできます。
眠れない状態ほどつらい時間はなかなかないと思いますので、早く効果が発生するルネスタは一度使ったらもう手放せなくなると思います。
非ベンゾジアゼピン系に分類される薬のなかでもルネスタは作用時間が長いので、かなり使いやすいと感じてもらえるでしょう。

さらにもうひとつのメリットが、「睡眠が深くなりやすい」ということです。
深い睡眠ができるということは、その分質のいい睡眠ができるようになります。

そして他にも「依存しにくくなっている」ことも間違いなくメリットのひとつだといえるでしょう。
すでにベンゾジアゼピン系の睡眠薬と比べると依存形成がされにくいことが判明しています。

では一方でデメリットは何なのか?
これは他の記事でも伝えていますが、効果自体がどうしてもおだかやになってしまいやすいということです。
つまり不眠症として重度の人にはルネスタが効きにくい可能性があります。
作用時間は長めになっていますが、早朝覚醒や中途覚醒がよくある人にとってはそこまで大きな効果は得られないかもしれません。
また他にも「苦味」といった副作用があったりします。
薬から生じる苦味が飲んだ日の翌朝にも続いていることがあるのでそこはご了承ください。