主な作用機序について|ここ最近人気の高い睡眠薬として、ルネスタがとても有名です

主な作用機序について

青いお皿の薬

さっそくルネスタという睡眠薬の作用機序に関する話から進めていきたいと思います。

まず睡眠薬といったらよく使われているものの多くが「ベンゾジアゼピン系睡眠薬」と「非ベンゾジアゼピン系睡眠薬」の二種類になります。
今回紹介しているルネスタは後者の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。
両方とも睡眠薬ですからもちろん同じ効果をもたらしますが、ベンゾジアゼピン受容体に対する具体的な作用の仕方が違っているのが特徴です。

ベンゾジアゼピン受容体というものは細かく見ると「ω1受容体」と「ω2受容体」の2つに分けられます。ω1受容体は睡眠作用に関係していて、ω2受容体は抗不安作用に関係しています。
ベンゾジアゼピン系睡眠薬の場合はこの両方に作用するのに対し、ルネスタのような非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の場合はω1受容体だけに作用するようにできています。
そのため副作用が少なく、さらに発生する作用はベンゾジアゼピン系睡眠薬よりもおだやかなのが特徴です。
つまりルネスタは得られる効果としては多少弱くなりますが、その代わり依存しづらく使いやすい睡眠薬だといえます。

そしてルネスタが睡眠作用を起こすメカニズムですが、簡単にいうとベンゾジアゼピン受容体とルネスタがくっつくことで、GABAと呼ばれる神経伝達物質がGABA受容体にもくっくつきやすくなります。
その結果GABAはリラックス効果をもたらす物質なので、脳の活動を抑制して睡眠しやすくしてくれます。
これがルネスタの作用する仕組みとなるわけです。